羽毛布団を売らんがためのウソ

羽毛布団について色々な問い合わせとか消費者の方との会話の中には、明らかに営業マンのオーバートークと思われるものがあります。気になったものを紹介いたします。

一生使える羽毛布団

お客様の余命は長くとも20年?

羽毛布団の寿命は長くとも20年です。たぶん10年を過ぎるとボリュームが少しずつ無くなってきます。15年を過ぎると側生地も擦り切れて、買い換えを検討される時期になっています。しかし、「この羽毛布団は上質のダウンを使っているので、一生使えるので日割りにすると安い買い物です。」というセールストークがあるようです。確かにリフォームをすれば少しは寿命が延びるかもしれませんが、「一生使える羽毛布団」とは、お客様の寿命も長くとも20年ですよ」宜しければ・・・。怖い話だと私は考えます。

夏でも涼しい羽毛布団

日本国内で夏に涼しく使える羽毛布団は無いと言っても過言では無いと思います。ちなみに羽毛布団はダウンが1000g以上充填されたものを言います。夏用のダウンケットは羽毛布団とは正式には言えません。たぶんダウンのもつ温度調節機能の事を説明するのに言った言葉が一人歩きしたと思います。

ダウンは暖かいときは放熱をして、寒くなると熱を蓄える機能がございます。この機能があるため、晩秋から真冬そして春まで長く1枚の羽毛布団ですごせる便利な布団です。ですが日本の暑い夏に、わざわざ羽毛布団を着る必要は無いと思います。決して羽毛布団は夏に掛けて寝ると涼しいとは言えません。

ただし、お客様よりお聞きした話ですが、北海道のある地域では、夏も足下に羽毛布団を置いておかれる方もいるようです。また、オールシーズン対応の羽毛布団もあります。個人差、好みもあるため夏に使えないとは言えませんが、おすすめは致しません。

キルトパターンで20%保温力アップ

どのメーカーも、そのキルトパターンを採用するのではないでしょうか?ただし、20%も保温力がアップするのであれば、ダウンの量を少なくしないと暑くて汗をかくでしょう。

この羽毛布団は増量して暖か

羽毛布団のボリュームは、上質のダウンではシングルサイズの場合は1.2kg-1.3kg充填すればボリュームが出ますが、粗悪なダウンはボリュームが出ません。そのために、粗悪ダウンはボリュームを出すために充填量を増やします。たぶん1.5kg以上充填している場合があると思います。あまり充填量を増やすとフィット性が損なわれるため暖かくありません。ただ、ダウンの充填が少ないと保温力が低下します。上質ダウンの場合も入れすぎると同様に問題ですが、少量増やす場合は保温力はアップします。ただしフィット性との兼ね合いもあるのであくまで少量に限定します。

西川ブランドのだから高級布団?

「この羽毛ふとんは西川ブランドだから高級品です。暖かく快適にお休みいただけます。」高級のレベルも個人差がございますので、一概に限定することはできませんが、西川ブランド品は高級品とは限りません。西川ブランドの羽毛ふとんのレベルもピンキリあります。当店ではとても仕入れることのできない様なものもございます。また、扱いたくないレベルの製品もございます。「高級」の意味するところに注意が必要です。

羽毛布団の点検商法

ホワイトマザーグースに黒カビ1点

ホームページをご覧頂いたお客様が、電話で問い合わせてこられた内容は、「訪問販売のセールスに羽毛布団を点検してもらったところ、そのセールスの人が言うには、”白い生地越しに黒いダウンがポッント1点あり、この黒い部分はカビなので、このまま使い続けると喘息をおこすので早急に・・・”との説明を受けたが、妊娠中なので喘息になったら心配です。」この話を聞いたときに、何ら問題はないであろうと思いました。

たまたま車で20分程度の所であったため、心配なら持参下さいと伝えたところ直ぐさま来られて、たまたま(株)京都西川(現在は西川(株))の社員さんも来ていたので現物を拝見致しましたところ何ら問題はなく、西川産業の羽毛ふとんでダウン率95%のハイレベルな「高級品」でした。お客様には下記の様にご説明を致しました。

ダウンの色には、ホワイト、シルバーなどがあります。「ホワイトグース」「ホワイトダウン」「シルバーグース」などの表示がされています。 日本人には白のダウンが人気あります。ホワイトと表示されていますが、ホワイト、白色のダウンにも点のように茶あるいはグレー色のダウンが混じることがございます。 必ず混じると言った方が間違いないかもしれません。これは天然素材であるため仕方がないものとご理解下さい。決してカビではないことを説明させて頂きました。(株)京都西川(現在は西川(株))の社員の方の同席での説明であったため安心してお帰り頂きました。

上記の例などは、オーバートークではなく悪徳セールストークとでも言うべきものです。たぶん、クリーニングに出すと次には「クリーニングしてもカビは落ちませんでした・・・・。新しいお買い得品がございます。」云々のセールストークが聞こえてきそうな気がします。悪徳商法の典型と言うべきものです。

品質表示票にホワイトダウンと表示がされていても、白色の側生地あるいは薄い色の側生地などの場合は、数カ所に「茶」「シルバー」などの黒い点の様にみえるダウンが混ざることがございます。上記の説明のように天然素材であるため仕方がないものとご理解下さい。混ざっているのが当たり前だと認識頂いても問題はないと思います。また、ダウンの暖かさは色の違いだけでは違いがございません。

ホワイトダウンにグレーまたは茶系のダウンが混ざることは、あり得ることだと説明を致しました。しかし、僅かに混ざることはあり得るとご理解下さい。日本羽毛製品協同組合(日羽協)では、グレー羽毛の混入率を1.5%以下とする基準値を設けています。また、西川(株)においては1%以内とする社内基準を設けていると聞いています。

このダウンは洗浄回数が多いので清潔

国内で生産されている羽毛布団に使用されているダウンは、業界基準ではダウンを洗浄した水の透明度が500mm以上となっていますが、当店が扱っています西川株式会社の羽毛ふとんは、洗浄後の水の透明度が1000mmのダウンを充填しています。ネット販売では、洗浄度を表現するために、洗浄回数が多い事を説明されている宣伝文を見かけます。具体的回数の表示はいたしませんが通常の約2倍の回数を見かけます。しかし、言いかえれば、その回数洗浄しないと使えないほど汚れているダウンなのか?とも理解できます。

筆者:野口 英輝

羽毛布団売り場

関連するサイト