羽毛布団の人気の訳

羽毛布団は、暖か・軽い・簡単収納

羽毛布団をはじめて購入されて使用されたお客様より「今までの睡眠が何であったのだろう、もっと早く決断をすれば良かった。」というお便りを頂きます。しかし、お問い合わせを頂くメールには、羽毛ふとんを購入したが強烈な鳥の臭いがするとか暖かくなかったが、当店が販売している商品は大丈夫なのか?残念ながら、市場で販売されている羽毛布団には、価格的にありえない安さのものがございます。羽毛布団は、ハイクラスで魅力を増し、低クラスでは魅力が無く不満が出ます。

羽毛ふとんの軽さ

天然綿、合繊綿のふとんで寝ていた方が、羽毛布団を使われて一番よく言われることの1つに「その軽さ」があります。羽毛布団の第1の魅力は、その軽さだと思います。他の素材ではダウンのような軽いふとんは作れません。

しかし、低価格の製品では低品質のダウンを多く詰めるためふとんの重さにも幅があります。当店で扱っているシングルサイズの羽毛布団においても、ダウン充填量で1.1kgから1.3kgと200gの差がございます。充填量で1.1kgの羽毛布団の重さは、素人の測定ですが1950g程度と非常に軽いものです。当店は基本的にグースダウンなので200gの差しか有りませんが、ダックダウンの場合には多いもので1.5kg詰めている事になります。1.5kgですとダウン重量だけで400gの違いがございます。

羽毛布団の適温調節機能

1年中(秋から春まで)羽毛布団1枚なのに寒くなかった。或いは、冬は暖かく春から5月ぐらいまで、快適に使える不思議なふとんだと言われています。これはダウン自体が、適温調節(寒ければ熱を保ち、暖かければ熱を逃がす)という機能を持っている為です。羽毛布団は温度が下がれば厚さが薄くなり、温度が上がれば厚さが増します。不思議に感じられると思いますが、寒い日には一粒一粒のダウンが枝羽を閉じて、熱を閉じ込めるためダウンの粒(ダウンボール)の大きさが小さくなるためです。逆に暖かくなると枝羽を開き熱を逃がそうとするため、ダウンボールは大きくなりふとんの厚みも増します。 この羽毛布団の温度調節機能ことを、オーバートークで「夏は涼しい」との説明を受けたお客様もいらっしゃいます。夏でも北緯、標高の高い地方では、お使い頂くことも可能かと思いますが、基本的に暑くて使用はできません。夏用の麻ふとん、肌ふとんをお勧めします。

羽毛布団のフィット性

「軽いふとんだから、寝ている間に飛んでいって、ふとんが無くなり寒いのでは・・・」と聞くことがありますが、羽毛布団をご使用の客様は、体にピッタリとフィットして朝まで快適だと言われています。このフィット感を説明する際、ふとんを畳の上に広げて、その中心をつかみ垂直に持ち上げてみます、ふとんが床面にピッタリと引っ付き簡単には持ち上がりません。これを見るとご納得頂いています。低品質のダウンを多く詰め込んだ場合にはフィット性は低くなり暖かくありません。

羽毛布団はあまり干さなくて良い。

忙しいときは、あまり干せないのですが暖かく使っています。通気性の良い部屋ですと部屋干しで十分な場合もあります。ダウン自体が吸湿性・放湿性に優れているためです。
また、折りたたんでケースに入れることができコンパクトに収納ができる点も人気の訳です。羽毛布団のお手入れ収納方法のサイトもご覧下さい。

羽毛布団は快眠の道具

良い羽毛布団とは・・・快眠のための必需品のひとつ。
「軽くて、保温性が良く暖かく、しなやかで体にフィツトするふとんである。」と言うことになります。しかし、全ての羽毛布団に、この様に素晴らしい評価はされないのが現状です。この様な評価を得られる羽毛布団は、パワーのあるダウンを、しなやかな素材の側生地で包み、保温性を増す立体的な仕立てが必要です。

このような人気のある製品をどのように選べば良いかについて、ニュートラルな立場から羽毛布団の選び方として説明をしております。

ご自分、あるいはご家族の素晴らしい「明日」の一日を元気で有意義に過ごすためには、疲労感を残さずにすっきりとした目覚めができる睡眠が必要です。寝具は、この睡眠を得るお手伝いをする大切な道具です。羽毛布団は高価と思われがちですが、1日あたりの単価を「睡眠費」とでも名付けて「食費」と比べると非常に「安い」と言えます。寝具にもエンゲル係数のような統計資料があれば良いのですが、もう少し睡眠にお金を掛けても良いと思います。菓子パン半個の羽毛布団?寝費と食費の比較というサイトでは1日当たりの羽毛布団の価格を食費と比べていますのでご覧下さい。

羽毛布団の良さは、使用されている素材・構造によって差があります。素材とは中身のダウンの品質(ダウンパワー・ダウン率)と量です。上記ではダウン量の差だけを説明いたしましたが、側生地も羽毛の品質に応じて差がついていて当然重さや柔らかさにも差がでます。また側生地の材質(化学繊維・綿・シルク)の種類とランク、また織り方などによって寝心地に違いが出てきます。構造の違いは、マス目の数と2層3層構造などの違いがあります。詳しくは、こちらの羽毛布団の立体キルト構造羽毛布団の二層式と一層立体キルトをご覧下さい。

羽毛布団の人気

羽毛布団の人気は、上質の羽毛、軽くてしなやかな生地、立体的に仕立てた内部構造のコラボレーションが生み出しています。人気の寝心地を生み出すためには、素材の品質と仕立てる技術が必要です。当店ではグースダウンにこだわっています。そのためには最低限の価格は必要になります。