クイーンの羽毛布団はダブルより20cm広い

 クイーンの羽毛布団の大きさは、横幅に210cm長さに210cmです。ダブルより20cm広い大きさです。 クイーンの20cmの余裕が暖かくゆったりとお休み頂けるお勧めポイントです。 クイーンサイズ羽毛布団の20㎝の広さは、片方にプラス10cmの余裕と考えると決して広すぎることはありません。この10cmが熱を逃がさず暖かく快眠できます。

クイーン羽毛布団は暖かい

 ダブルサイズは、横幅に190cmあるのでお二人で十分な広さはあります。 しかし、寝返りをよく打つ方とか、横向きに寝る習慣があるとか、あるいは体格が良い方などは、ダブルサイズよりクイーンサイズがお勧めです。

 20cmは僅かな広さですが、このクイーンサイズの余裕が寝返りをしたときなどには背中を被いフィットしてくれます。 特に冬用の羽毛ふとんの場合はふくらむため20㎝広いクイーンサイズが保温性の点からお勧めです。

横幅210㎝のクイーンサイズと190㎝のダブルサイズ

 クイーンはダブルより20㎝も広いと思う必要はありません。お二人でお休みの場合は片方に10㎝ずつ広くなっただけです。 ベッドなどの場合はこの10㎝がマットレスにフィットしてより暖かく感じられます。 ボリュームが出る上質のダウンが充填されている場合などは、この10㎝の広さもふとんの厚みに化ける(縮む)こともあり得ます。 このような場合は2日に一度はふとんの端をもってふとんを拡げるようにお使い下さい。 クイーンサイズの羽毛ふとんは大きいので周囲に注意をして振ってください。

 ベッドにおいては、ダブルサイズより少し広いダブルワイド150-155㎝というサイズができています。ダブルサイズよりマットレスが15㎝ほど広くなっています。 このダブルワイドのベッドでお使いになるならダブルより20㎝広いクイーンサイズの羽毛布団がお勧めです。

 日本人の体格も大きくなっています。190㎝×210㎝のダブルサイズでは少し狭いと思います。お二人でお休みになる場合はクイーンサイズの210cm×210cmが標準とするべきだと思います。 また、身長も180㎝近くある場合はクイーンロングではなく210cm×230cmのクイーンロング(QL)より更に長いクイーン(QLL)ロングロングがよいと思います。

210cm×230cmのクイーン(QLL)ロングロングの羽毛布団

 日本人の体格が大きくなっているのだから、当然寝具も大きくなるべきと当店では考えました。 本来ならば在庫をして販売する方がよいのですが、クイーンロングロングは受注生産となる場合が多いのではないかと思います。またカバーも同様に受注生産になってしまいます。 しかし、受注生産の場合だと時間とコストがどうしてもかかります。

 そこで210cm×230cmのクイーン(QLL)ロングロングの羽毛布団を作成したところ、売れないかもしれないと心配をしましたが注文を頂く事ができました。 やはり足下が寒く感じられている方がいることは間違いありません。羽毛布団から足が出るようではリラックスできません。 十分にリラックスをして素晴らしい目覚めを得るためには、体格に合った広さと長さがあるクイーンロングロングのような羽毛布団が必要と思います。

210cm×230cmのクイーン(QLL)ロングロングを標準化

 体格が大きくなったのであれば、寝具も変化していくべきと思います。クイーンロングQLは210cm×210cmの正方形ですが、平均身長が伸びたのであれば寝具も大きくなるべきと思います。 クイーン(QLL)ロングロングは210cm×230cmが標準サイズになるべきと思います。クイーン(QLL)ロングロングの羽毛布団は受注生産が多いと思います。 クイーン(QLL)ロングロングが標準サイズになれば多くの種類の製品が作られてくると思います。 消費者の方もクイーンサイズ注文する際に多くの中から選ぶことができ便利になります。

 ダブルサイズの羽毛布団をご検討ならば、ぜひとも20㎝広いクイーンサイズを検討してみては如何でしょうか。20㎝と言っても片方に10㎝ずつ広いだけです。しかしこの10㎝がクイーンサイズの魅力です。 また、ゆったりとリラックスできるクイーン(QLL)ロングロングも魅力的なサイズです。寝返りを打ったときに背中と敷き布団の間にできる隙間を埋めることができる10㎝の広さがクイーンサイズの魅力です。 クイーンより更に広いのがキングサイズです。ただキングは230cm×210cmとさすがに大きいです。取り扱いしやすい大きさの点からお勧めはクイーンです。

ページトップへ▲