ご夫婦用の羽毛布団は、大きめのワイドダブルを

ご夫婦用の羽毛布団を購入される場合は、やはり気になるのがサイズだと思います。ワイドダブル。掛けふとんのサイズではありません。 ワイドダブルとは敷きふとんのサイズのことです。特にベッドの大きさにダブるより少し大きめのワイドダブルを選ばれてはから、 掛けふとんを選んばれてはいかがでしょうか。 次に気になるのは、詰め物の質とその量かもしれません。 通常、羽毛布団の中は、ダウンとフェザーの混合です。 素材の表示として、ダウンの量が90%を超えるものお勧めですが、できればダウン93%以上であれば、間違いありません。 そして、詰められている中身の量は、シングルであれば1.2から1.3キロ程度、ダブルであれば1.6から1.7キロ程度欲しいところです。

羽毛布団を選ぶ際には、このようにダウンの質や量を確認されて選ぶことをお勧めしたいところですが、サイズ決めに悩まれる方もいらっしゃいます。 というのも、羽毛布団は身体にフィットする一方、寝返りを打てばズレることもありますので、少しワイドな大きめサイズを購入される方も少なくありません。

昔と比べて日本人の平均身長も高く体型も大きくなっていますので、ベッドを選ぶ際にもシングルでも、ロングサイズだったりセミダブルのようなワイドサイズを選ぶ方も多くなっているようです。 特に、ご夫婦での寝具をお探しの方も、ワイドダブルやクィーンサイズのベッドを選ばれる方も増えています。 ワイドダブル。あまり聞く事のないサイズだと思います。 ダブルより余裕がほしいけど、クィーンだと寝室に置くことができないというような方にワイドダブルサイズがお勧めです。 ダブルサイズより10cmほど大きいワイドダブルですが、その少しの違いでワイド感を感じられるようです。 ゆとりを感じたい方には、ワイドダブルをご検討ください。

そうなれば、掛けふとんも、当然ワイドサイズのものが必要になるでしょう。 たとえば、ワイドダブルのベッドに合わせて羽毛布団をお求めの場合、クィーンサイズをご利用いただくことが多いようです。 当店でも、ワイドダブルの羽毛布団をお探しのお客様には、クィーンサイズをお勧めしております。 また、ダブルベットの方には、ワイドダブルがお勧めです。 掛け布団は敷ふとんと比べてワイドサイズではありますが、ワイドダブルにすることで、さらにゆったりと眠ることができるのではないでしょうか。 また二人で寝ると掛け布団が動きやすいので、ワイドサイズにすることで、お互いにストレスを感じることも少なくなるでしょう。 睡眠をしっかりとるためにも、ワイドダブルをご検討されてみてはいかがでしょう。

当店のダウン充填量1.9キロの羽毛布団は、通常よりも詰め物の量が200グラムも多く、保温性に優れているだけでなく、耐久性にも優れます。 また、ワイドダブルでも、ロングサイズをお探しの場合は、2.05キロのダウン充填量となるクィーンロングロングサイズをご用意しています。

ページトップへ▲