アパレル業界での羽毛の品質基準値フィルパワー

 アパレル業界では羽毛の品質基準値としてフィルパワーという表示が使われています。欧米などで使われていたダウンのかさ高性を表す単位です。 2013年に単位がinch3/oz から、inch3/30g に変更されました。 具体的には、30gの羽毛を内径288mmの筒にいれて94.3gの荷重用円盤を載せた状態の体積を表したものです。(IDFB法) 羽毛30g当たりのふくらみぐあいを立方インチ(2.54cm立方)で表します。 「800フィルパワー(fp)」とは30gのダウンが800立方インチにふくらんでいることを表しています。この数値が大きいほど上質なダウンと言うことです。

800フィルパワーとは

 800フィルパワーとは、どの程度の品質なのか寝具店にはピントきません。800立方インチと立方センチにに換算するといくらなのか?約13110立方センチのことです。 ダウンパワーに置き換えるとどれくらいになるのか?計算をすると437dpと言うことになります。計算式は下記に記載いたします。 間違っているかもしれません。間違っている場合はこっそりと教えて下さい。訂正いたします。

 1立方センチは1cm×1cm×1cmです。1立方インチは1インチ(2.54cm)×1インチ(2.54cm)×1インチ(2.54cm)です。 1立方センチを1立方インチの体積にするためには、2.54×2.54×2.54倍すればよいわけです。小学生の時にまじめに勉強をしていなかったことを後悔しました。 800立方インチを立方センチで表すためには、800×2.54×2.54×2.54とすれば良いわけです。約13110立方センチです。

800フィルパワーをダウンパワーに換算

 算数をもっとまじめに勉強をしておけばと後悔しています。ダウンパワーとは、30gの羽毛を内径290mmの筒にいれて94.3gの荷重用円盤を載せた状態の体積を計り、ダウン1g当たりの体積を算出した値です。 800フィルパワーとは、上記の条件でダウンの800立方インチであり約13110立方センチのことなので、ダウンパワーはダウン1g当たりの体積なので13110÷30とすればダウンパワーに置き換えることができます。 800フィルパワーは約437dpです。かなり上質の羽毛でありマザーグースクラスの品質です。このクラスの羽毛は高級羽毛布団に充填される品質です。簡単に計算しただけなので正しいかどうか???。フィルパワーについては一般財団法人 日本繊維製品品質技術センターのサイトをご覧ください。 フィルパワーとダウンパワーでは羽毛を入れる容器の内径が2mmほど異なります。この違いがどのように影響するかは不明です。

1000フィルパワーとは

 フィルパワーで検索をすると、、1000フィルパワー(fill power)・・・との表示を見つけました。1000fpを上記の様にダウンパワーに置き換えると、16387立方センチ÷30gで546dpと言うことになります。 546dpの値は信じられません。当店が知っている最大値は480dp-490dpまでです。上記の計算式に間違いが無ければ1000fpはあり得ない数値です。計算間違いか?もっとまじめに勉強をしておけばよかったと後悔しています。

 もしかすると、「2013年に単位がinch3/oz から、inch3/30g に変更」この言葉が気になります。 以前の試験方法(USA法)は、ダウン28.4g(1オンス)を内径248mm(9.75インチ)の円柱の容器にいれて、68.5gの荷重用円盤を載せた状態の体積を表していたとのことです。 内径の差は無視するとして、28.4gと30gの差(プラス5%)と68.5gと94.3g(マイナス72.7%)の違いを比べると、USA法1000fpは、1000×105%×72.7%となるのでIDFB法なら763fpとなります。 USA法1000fpは、IDFB法763fpであり1250立方センチです。1250立方センチ÷30gで417dpとなります。この数値ならあり得ます。600fpは約327dpのことです。寝具としてはあまり良くないレベルです。 IDFB法のフィルパワーに0.546をかけるとダウンパワーに換算できます。

IDFB:International Down and Feather Bureau(国際羽毛協会)

ページトップへ▲