眠りに関係するクイズ

 1. 日本人の40%以上は、12時以降に寝ている。

ホントウソ

 2. 馬は2時間しかねない?

ホントウソ

 3. イルカは眠るとおぼれてしまうので眠らない?

ホントウソ

 4. 夜更かしする子はキレ易い?

ホントウソ

 5. 寝る子は育つってホント?

ホントウソ

 6. 寝ている時には、免疫力はさがる?

ホントウソ

 7. 睡眠学習はできる?

ホントウソ

 8. 記憶するには、覚えてからすぐ寝るのがよい?

ホントウソ

 9. 少しでも昼寝をすると夜寝られない。

ホントウソ

10. 寝れない人、出来るだけ早く布団に入る。

ホントウソ

11.北枕は縁起が悪い。

ホントウソ

12.美肌と睡眠は関係ある。

ホントウソ

ホント・ウソを選び採点ボタンをクリック

解説は右端の答 えにカーソルを載せてください。


良い眠りを得るには

●生体リズム(体内時計)の乱れが、眠れない原因の場合があります。生体リズムの調節法の1つに、光を利用したものがあります。 朝早く起きて朝日を浴びることで、夜に眠くなるリズムを得られることもあります。また、朝食事をとることも効果的です。 光と睡眠の関係は、睡眠と豆電球の光のページでも触れています。

●バランスの良い食生活(カルシウム、ビタミンB群等の不足に注意)して、お酒は、ストレス緊張をほぐしリラックスできる程度にすることが大切です。 (過度のアルコールは入眠障害になる!)

●寝室の環境は、快適な温度湿度(布団のなかは温度33度、湿度55%快適)、明るさ(月の明かり程度・間接照明)、生活騒音、香りなどにも配慮されると良いでしょう。 クイズ10番の回答もご必見!

●体温が下がっていく時に寝つきが良くなるため、1時間程度の軽い運動とか、入浴によって体温を上げ、 体温が下がり始めるタイミングで、床につくと眠りやすいようです。冷え性などの方には、 温熱敷き布団などで寝床内を暖めておき、就寝時に設定温度を下げて、おやすみされる方法もあります。

●寝具店としてのアドバイスは、やはり適した寝具(ふとん、パジャマ)を使われることをお勧めします。寒い季節には羽毛布団がおすすめです。

軽くて暖かい寝具は、羽毛布団の選び方のサイトをご覧下さい。

上記のクイズは、滋賀医科大学 精神医学講座 山田尚登先生の公演内容を基に作成しました。
参考文献 眠りたいけど眠れない 堀 忠雄 編 昭和堂
     快適睡眠のすすめ 堀 忠雄 著 岩波新書

ページトップへ▲